関守石の独り言

続・ウコンのちから

2012年11月30日

収穫したウコンは綺麗に洗って(これが大変)

包丁でスライス(これも大変)して

丁寧に並べて干す(これも大変)・・・・・(汗)

 

 

まだ製造途中ながら、これらの手間が

あの高い値段に反映されているんでしょうね~

とはいっても、大量に生産するなら

機械で洗浄、スライス、強制乾燥するんでしょうけど・・・。

 

 

カテゴリー: 関守石のひとりごと

ウコンのちから!

2012年11月27日

10片ほどの種ウコンを畑に植えて半年余り・・・

できました!

秋ウコンがこんなにも・・・

 

これで忘年会と新年会が一度に来ても大丈夫です(笑)

 

まさにこの「ウコンのちから」の恩恵を受けながら

この冬を乗り切りたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 関守石のひとりごと

料理内容の一例です

2012年11月26日

皆さん、こんにちは。

今日は冷たい雨が降り、冬がそこまでやってきていると

感じさせる一日でした。

 

さて、当ホームページなどには料理コースを決める際に

料理コースや料金以外に情報がありませんので、

どのような内容なのか? との、質問が時々ございます。

 

もっともなご質問ですので、ここで一例ですが

ご紹介します。

 

下記の献立は、11月25日のご昼食

「手打ち蕎麦と軍鶏鍋のコース・4,500円(税込・サ別)」です。

 

(クリックすると大きくなります)

 

時々の季節や仕入れなどの変化で内容は変わりますが

ご利用時の参考にしていただければ幸いです。

 

カテゴリー: 関守石のひとりごと

蕎麦打ち

2012年11月25日

わたし・・・こんなキャラではないんですが・・・

 

 

ハハハ・・・と、笑うしかありません。

 

カテゴリー: 関守石のひとりごと

月刊 茶の間に掲載されました

2012年11月24日

お鍋の季節ですね~!

月刊 茶の間 「冬の京のあったか鍋」のコーナーで紹介されました。

海鮮、ふぐ、すっぽん、すき焼き、軍鶏鍋・・・etc

いろいろ掲載されていましたが、どれもおいしそう~!

あなたは、どの「あったか鍋」がお好きですか~?

 

カテゴリー: 関守石のひとりごと

紅葉deハート

2012年11月24日

 

別に暇だというわけではありませんが

 

紅葉の落ち葉で作ってみました。

 

 

面白いでしょ・・・。

 

次は何作ろかな?

 

PS:決して暇ではありませんので・・・

 

カテゴリー: 関守石のひとりごと

観光って!?

2012年11月21日

 

「観光」って、どういう意味か知ってるか?

 

はて? 何のことかいな?・・・・・・・・・ですな。

 

ちょうど4年前に三千院の大島執事長が当店に来られた時に教えていただいたお話の中から・・・

 

 

「観光」って、どういう意味か知ってるか?

 という問いかけがあり、会で集まったメンバーは何となく解かっているものの

本来言葉の持つ意味においての観光が何なのかは、誰も解答できずにいました。

仰るに観光とは、「国の光を観る。用て王に賓たるに利し」ということが五経の

うちの一つである易経にあるそうです。「国の光を観る」ということは、「その国の王の立

派な人徳と、その王による国民の教化の美しさをみる」(これが、観光の意味)ということ

であり、「用て王に賓たるに利し」とは、「それだけの知力を持った人物であればこそ、王

の賓客として遇せられる臣となることができる」(これが、観光の目的)ということのよう

です。

えらい難しくなりましたが、要するに、観光とは行った先の文化を学ぶことで、色々なとこ

ろへ行っても、そこでしっかりと見学をしないと意味を成さないということです。

見学は、「見る」だけでなく、そこから「学び」がないといけないし、「学ぶ」ということ

は、そこから何かしら自分の中に取り入れて、次に、行動に移すことも意味します。

「いいな」「きれいだな」「すごいな」だけでは、前進はありません。

観光で商売をする者ならなおのこと、ここ大原の歴史文化を紐解き、今後は時代の流れを良

く見据え、この場所の文化に沿った改革をしていかなければならないのですよ。

と、いう教えでした。

 

 

奥深く説得力のあるお話です、改めてぜひ気持ちに取り入れたいと思い直した夜でした。

カテゴリー: 関守石のひとりごと

天然 ぼたん鍋 ご用意できました!

2012年11月20日

11月15日から狩猟解禁になり、猪肉が続々と入荷されてきます。

主に洛北やその近辺で捕獲されたものを使用していますが

本年もなかなかの脂ののりです。

 

 背ロースを早速試食しましたが、脂の甘みがジュワ~っと口中で広がり

とろける旨さを確認しました。

牛蒡や蓮根、丸大根や京人参などの根野菜とともに

コクのある軍鶏ガラベースと、田舎味噌で仕上げた特製出汁でお召し上がりいただきます。

 

 

 

脂肪がたっぷりのぼたん肉!

 

誤解のないように断りますが、

江戸時代、猪肉は「山鯨」と称されて、寒さ厳しい冬の季節の栄養補給食として

格好のものであったばかりか、薬食とされてきました。

俳人蕪村が「静静に五徳にすえにけり薬食」と詠んでいる薬食とはボタン鍋のことです。

猪肉は精が強く食べるほどにからだをポカポカと暖めてくれます。

その上、牛肉と比べてビタミンB1が多く、カルシウムは2倍と栄養は満点です。

野生の猪肉はコレステロールの多い家畜の肉と違いDHA(ドコサヘキサエン酸)

EPA(イコサペンタエン酸)など、高度不飽和を多く含んでいます。

それらは血栓を溶かしたり、血液をサラサラにして、若々しさを保つのに役立ちます。

野生の猪と家畜の脂肪は性質が全く違うといわれ

老化を防止し、健康で長生きするには、良質のたんぱく質や脂肪が必要であるといわれています。

 

美味しく健康にも役立つ「天然ぼたん鍋」を是非どうぞ!

今なら、12600円のところ、キャンペーン価格で9800円でご奉仕です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 関守石のひとりごと

Jazzを聴きながら・・・

2012年11月16日

本日のお客様の宴会は、なんとJazzの生バンド持込です・・・。

素晴らしいヴォーカルの音色が調理場にまで聴こえてきました。

先日のクラシック演奏に続き、ジャズも当店にマッチしていました。

来年は、素晴らしいギターとヴォーカルの饗宴予定です・・・!

カテゴリー: 関守石のひとりごと

いよいよ「ぼたん鍋」始まります!

2012年11月14日

11月14日、お天気が目まぐるしく変わり、肌寒さを感じる一日でした。

紅葉もピークを迎えていて、あちらこちらで目の保養をしていただけます(笑)

明日、11月15日より狩猟解禁に伴い、冬季限定料理コースが始まります。

「山里の冬鍋・天然ぼたん鍋コース」です。

通常は、おひとり様12,600円のところ、9,800円でご奉仕!

開店25周年記念のサービス企画です。

来春3月上旬までの期間限定コースですので、ぜひご利用くださいませ。

ご予約・お問い合わせは 075-744-3456

カテゴリー: 関守石のひとりごと
京都大原 野むら山荘 〒601-1247
京都府京都市左京区大原野村町236
Copyright© 2011 NOMURA-SANSOU. All Rights Reserved.