関守石の独り言

春ですね!

2015年03月30日

京都の市中では、染井吉野がちらほら開花し始めました。

 

大原では染井吉野の開花はまだですが、つぼみは大きく膨らんで

順調に春へと足を進めているようです。

 

当山荘では、早咲き桜の「啓翁桜」が花を咲かせ、目映いばかりです。

11075215_784736228279227_9042735152891539613_n[1]

 

修学院離宮内の自家菜園では、菜の花も花を咲かせ

春爛漫となりました。

この菜の花を摘んで、お漬物にします。

11051906_785238238229026_7187926862067365334_n[1]

塩漬けにして、一週間ほどぬか漬けにします。

仕上がれば、飯泥棒、酒泥棒になること間違いなしです(笑)

 

お店の額装も春ものに換えました。

11112705_785332424886274_6609777557584559515_n[1]

静けさの漂う竹林から竹の子がちらほらと・・・

春の陽気を感じる絵にしました。

作:大塚堅二郎

 

 

 

カテゴリー: 関守石のひとりごと

土筆が目映い

2015年03月23日

桜はまだですが、春を感じていただけます。

 

土筆が大地からにょきにょきと!

11041198_780722965347220_8403890841100653832_n[1]

 

八寸は、春爛漫~!

11082605_780155372070646_6799568296075082469_n[1]

桜の開花が待ち遠しいですね~!

 

 

カテゴリー: 関守石のひとりごと

しゃもなべ(軍鶏鍋)

2015年03月07日

本日(3月7日)の献立より抜粋

 

暦では春ですが、非常に寒い本日。厨房の気温は9度です。

今シーズンに敷地で鹿が獲れたため、ジビエ料理として

鹿肉料理(フライ)をお出ししたところ好評~

味をしめて、八寸で出し続けています(笑)

春の食材も混在の八寸。

蛍烏賊、蕗の薹、土筆、葉の花、桜海老なども使い

旬の味わいを五感で感じていただきます。

11038798_772862239466626_345751443754269208_n[1]

 

手打ち蕎麦と軍鶏鍋のコースですので、メインの軍鶏の小鍋立て。

笹がき牛蒡と自家栽培の赤ねぎ、なめこが味わい深い軍鶏肉が

絶妙の関係を築いています。

11041755_772862256133291_784145913351767012_n[1]

鬼の平蔵の気分を味わい、その余韻に浸りながら

手打ち蕎麦を手繰る昼下がりのひと時は、そりゃ~

至福の時間になること請け合いです。

 

カテゴリー: 関守石のひとりごと
京都大原 野むら山荘 〒601-1247
京都府京都市左京区大原野村町236
Copyright© 2011 NOMURA-SANSOU. All Rights Reserved.