関守石の独り言

蕎麦切り 京都大原で手打ちそば

2012年05月31日

蕎麦打ってます。

ではなく、切ってます。

蕎麦粉に水を混ぜる「水回し」の工程も

季節の変化を通して調整を求められ大変難しく

湿度計や計量カップできっちりと計るよう

その手の専門書などには記載してあります。

ただアバウト人間の私は指先の感覚を頼りに

水を適当にドバァーーーーーっと(笑)

切る工程では自身の体調管理は云うに及ばず

全神経を集中させつつもリズミカルに

蝶が舞うがごとく蕎麦を切り進む・・・。

ただアバウト人間の私は北斗神拳の如く

アタタタタタタタタタタタタ・・・・・タッ

なんて叫びながら切ってるのであります(笑)

カテゴリー: 関守石のひとりごと

あらためて考えること

2012年05月27日

いいお天気が続きますね~!

日中はぽかぽかと暖かく、夜は適度な心地よい風・・・

こんな季節がずずずい~~~~~っと続けば、冷暖房も要らず

電気の過剰消費も要らないのにね。

今夏は猛暑だなんてTVで予想したりしてますが、原発再開是非の議論を

巻き込んで厳しい夏になりそうです。

大原も一昔前(10年~15年前)はそんなに冷房も要らなかったように

記憶していますが、最近ではそうもいきません。

まずは地球温暖化の影響に加え、人が我慢強く無くなったという

側面もあるのではないでしょうか。

何処へ行っても空調で温度が人間にとって適温に管理され、夏でも涼しく

冬は暖かく、自然になじむことなく人間の感覚に強制調整されて野放図に

排出される放射熱。

昔から夏は暑く冬は寒いと相場は決まってるのですから、人間もその

自然の摂理に従って、衣服を脱いだり重ね着をしたり、少しは我慢したりして

現在の事、将来の事を考えなければなりません。

カテゴリー: 関守石のひとりごと

食材も夏ものに

2012年05月26日

そろそろ鱧が献立に入るようになってきました。

あっさりとしながらも脂がのった鱧、骨切りさえ上手に施せば

美味しくいくらでも食べられます。

ちなみに鱧は韓国産と淡路産のものを使っています。

カテゴリー: 関守石のひとりごと

恵みの雨

2012年05月25日

お天気続きでしたが今日は久しぶりの雨。

植物や農作物にとっては恵みの雨ですね。

昨日は割と涼しかったので庭作業を進めましたが

これが正解!  今日なら雨でまた延期になるところでした。

さて、今年は今のものを畑に植えました。

料理にお出しするものでなく、私用です(笑)

忘年会シーズンには活躍してくれるでしょうか??

カテゴリー: 関守石のひとりごと

刈り込みシーズン

2012年05月24日

植木の剪定は私の仕事・・・(汗)

便利な道具があるからずいぶん助かってはいますが

広い庭なのでやはり気がめいります・・・(泣)

せめて複数人でやれば仕事もはかどるのに、孤独が故のため息が・・・。

カテゴリー: 関守石のひとりごと

テラスの季節です!

2012年05月24日

良いお天気が続いていますね!

暖かな昼下がり、テラスでのお食事が好評です。

カテゴリー: 関守石のひとりごと

風薫る皐月かな

2012年05月02日

5月に突入すると共に私、45歳になりました。

以前からやりたかった蕎麦切りを始め、大型二輪免許を取得して

大型バイクに乗り始めたりと、少し変化のあった44歳でしたが、

45歳は一応節目の年なので、さらに充実した年にすべく頑張って行きたいと思っています。

そして本日5月2日は父親の命日。早いもので12年になりました。

外は激しい雨が降り続いていますが、仕事帰りに花でも買って墓参りに行こうと思います。

地元修学院のお祭りも近づき準備に明け暮れ、お祭りが終われば消防団の

総合査閲に向けての訓練も目白押し・・・いつ仕事したらいいのか?? 

と、思えるようなハードスケジュールが予定されています。

と、まぁ結局バタバタと流されていくような予感もしますが、

節目を意識して過ごしていければ、何か変化が現れるかな?

カテゴリー: 関守石のひとりごと
京都大原 野むら山荘 〒601-1247
京都府京都市左京区大原野村町236
Copyright© 2011 NOMURA-SANSOU. All Rights Reserved.