関守石の独り言

泳ぎ鮎♬

2021年07月08日

この季節になると、無性に食べたくなるのが鮎の塩焼き!

 

まだ30gまでの若鮎サイズなので、頭も骨も軟らかく

炭火で焼きますと頭から中骨、尻尾まで余すことなく召し上がっていただけます。

今回盛り付けましたのは自作の板皿で、鮎の泳ぐ清流をイメージして作陶したものです。

 

 

料理というものは器に合わせるのでなく

料理に合わせて器を選ぶものだと思っていますので

この料理にはどのような形状の器が合うかな? 釉薬はどんな感じにしようかな?

と、思いを巡らしイメージを膨らませています。

 

もはや、器は買い求めるのではなく、自分で創作るもの!と、信じてやまない主人です(笑)

 

カテゴリー: 関守石のひとりごと
京都大原 野むら山荘 〒601-1247
京都府京都市左京区大原野村町236
ご予約制:木曜定休
Copyright© 2021 NOMURA-SANSOU. All Rights Reserved.