関守石の独り言

実は機能性食品

2018年01月25日

 

(クリックで拡大)

江戸時代から「山鯨」と呼ばれ貴重な栄養補給食として食べられてきたイノシシ肉。

豚肉や牛肉にはない様々な栄養・健康効果があります。今回はそれを紹介していきます。

 

 ★イノシシ肉の栄養的特徴~女性に嬉しい低カロリー

イノシシ肉は豊富で良質なたんぱく質と、疲労回復や髪・皮膚の健康に

欠かせないビタミンB群が豊富に含まれています。

イノシシ肉は低カロリーなのに栄養が豊富です。

たんぱく質は豚肉と同じくらい含まれていますが、脂身が少ないためにカロリーが豚肉より低いのです。

栄養成分を他の肉と比較してみよう。

  

イノシシ、豚、牛で全て100グラム換算で比較した場合、カロリーが一番低いのはイノシシ肉です

  

牛肉が100グラムあたり411カロリー。

 

豚肉が100グラムあたり291カロリー。

 

イノシシ肉が100グラムあたり268カロリー。

  

この結果を見ても分かる通り、イノシシ肉は

「豚や牛と比較すると低カロリー」であることが分かる。

まあ、豚肉や牛肉がカロリーが高過ぎるという意見もあるが、

低カロリーであることは高く評価できるでしょう。

またイノシシの脂身には皮膚の保全・修復に活躍してくれるコラーゲンが豊富です。

またイノシシ肉は豚肉や牛肉よりも不飽和脂肪酸が豊富に含まれており、

悪玉コレステロールを減少させ、血液をサラサラにしてくれるという効果があります。

ビタミンB群が牛肉や豚肉よりも2倍近く含まれており


・肥満対策
・糖尿病予防
・動脈硬化予防
・貧血予防
・スタミナ増加


などそれにより様々な効能が得られます。

ビタミンB2の保有量は、豚肉が100グラムあたり0.13mg

ビタミンB2を保有しているのに対し、イノシシ肉はなんと0.29mgもある。

同じ量でビタミンB2が豚肉の二倍も多く含まれているのは強く注目したいポイントですね! 

 

体に必要な栄養素が豊富に含まれているイノシシ肉は、

「健康を重視する人に向いている肉」だと言えるでしょう

 

イノシシ肉の調理方法~柔らかくするには・・・

イノシシ肉は鍋にして食べるのが最もベターだと思います。

硬めな肉が柔らかくなる上、イノシシに豊富に含まれるビタミンB群は

水溶性なので、鍋のなかに栄養が溶け込んでつゆと一緒にしっとりした味わいが楽しめます

 

今シーズンは3月上旬まで!

ぼたん鍋コースは、料理2品・ぼたん鍋・手打ち蕎麦・水菓子

お一人様 9,990円(税・サ別)で御予約を承っています。

囲炉裏のお部屋で温まってくださいませ~

(クリックで拡大)

ご予約は、075-744-3456 野むら山荘

http://nomura-sansou.com

 

カテゴリー: 関守石のひとりごと
京都大原 野むら山荘 〒601-1247
京都府京都市左京区大原野村町236
Copyright© 2011 NOMURA-SANSOU. All Rights Reserved.