関守石の独り言

江戸期・愛宕郡修学院村

2011年06月26日

これを見ても、まったく意味不明・・・・・の人が多いでしょうね。
光格院修学院御幸の際の修学院村の詳細
(上記クリックで資料が開きます)
で、何かと申しますと、江戸期の修学院村(修学院離宮周辺)の
在りようが記されている資料です。
この土地に縁もゆかりもない方にとっては、無用の情報です・・・
スルーしてください(汗)
ちなみに私の生家は、24番。
今もここで住んでいます。
仏壇にある過去帳を見てみると、確かにいるんです 「弥兵衛」
昔も現在も、立地は変わっておらず、御先祖さんからこの場所に居続けている様子・・・
これからも、この土地にしがみついて生きてやる~~~!(笑)

カテゴリー: 関守石のひとりごと
京都大原 野むら山荘 〒601-1247
京都府京都市左京区大原野村町236
ご予約制:木曜定休
Copyright© 2020 NOMURA-SANSOU. All Rights Reserved.