最新情報

» 近日開催のイベントはこちら

紅葉ジャズライブ♬開催しました!

秋晴れの日曜日

4年目になる紅葉ジャズライブ♬を開催しました。

青く澄み渡る空に、樹々の色づきが冴えわたります。

今回の献立は、自作の銀杏皿に秋色八寸

秋は食材も豊富で色合いも豊かですので

作る側(料理人)としても愉しくなる季節です。

季節の小鍋は季節先取りのジビエ

ぼたん鍋をご用意しました。

蕎麦は今秋に北海道で収穫された新蕎麦

風味がとても豊かです。

Yukimi(vo)、蓑輪裕之(b)、高岡正人(p)

素晴らしいトリオ!

年を追うごとにパフォーマンスがボリュームアップしています。

 

ジャズのスタンダードからアップテンポの曲

バラードも織り交ぜ、お客様から「童謡」のお題をもらって

即興でジャズのテンポ作り上げるガチンコ芸まで・・・

これらの様子は下記の動画でお楽しみください。

 

Facebook

Facebook

Facebook

Facebook

Facebook

 

この会、来年は2023年11月5日(日)に開催予定になりました。

結びのごあいさつで来年の開催日をお伝えしまして

開催日から3日目には来年のライブのお席は満席になり

本日をもって受付終了になりました。(11月9日)

 

※キャンセル待ちは別途ご予約いただけますので

ご希望のお客様は下記までご連絡くださいませ。

 

 

11:30~ランチタイム

13:00~ジャズタイム

ランチ(季節の八寸、季節の小鍋、手打ち蕎麦、水菓子)

お一人様6,000円(税込)

 

075-744-3456 野むら山荘

 

 

 

カテゴリー: お知らせ, 過去のイベント, 関守石のひとりごと

第39回 野むら山荘寄席を開催しました

台風の接近で足元の悪い中にもかかわらず

ご参加いただきましたお客様に感謝です。

今回のお料理は、芋名月にちなみまして

芋の葉を器に秋に移ろう食材を盛り込みました。

小鍋は北海道北見で育ちました「北見和牛」の小鍋立て。

蕎麦は北海道音威子府産の蕎麦を十割仕立てで。

水菓子はほうじ茶アイスでした。

 

お食事タイムのあとは、お待ちかねの落語タイム。

落語の前にいつもの店主によるショート漫談(笑)

漫談ネタは、これも北海道旅行の話で

今日は北海道づくしな日になりました~

 

一席目は笑福亭鶴二さんで「酒の粕」

短い落語で場を和ませて会場の空気感を暖かくするというベテランの気遣いです。

 

二席目は月亭秀都さんで「秘伝書」

大変元気があって勢いの良い噺でした。

8年目のキャリアですが、すごく伸びる逸材とお見受けしました。

三席目は笑福亭鶴二さんで「南京屋政談」

人情噺でしっぽりと聴かされました。

サゲのある話ではありませんが、人物を描写する鶴二さんの

円熟した芸が、ご来場の皆様の心を打ちました。

ライブってホントに素敵です!

ぜひ機会がありましたらご参加ください。

次回は12月11日(日)

出演は月亭遊方さん、月亭遊真さんです。

小鍋はぼたん鍋かなぁ~(笑)

 

 

 

 

カテゴリー: お知らせ, 過去のイベント, 関守石のひとりごと

ヨガイベントを開催しました!

9月11日(日)快晴のお天気

半年前より企画していました

Yoga×Lunchイベントを開催しました。

 

広間でのびのびカラダもココロもリラックスした後は

軍鶏鍋、手打ち蕎麦でランチタイム♬

 

日常を忘れてリフレッシュするひと時

リトリート企画は、また機会を設けて開催したいと思います。

 

カテゴリー: お知らせ, 過去のイベント, 関守石のひとりごと

オオハラ・リトリート

オオハラ・リトリート

~ココロとカラダ癒しのツアー~ JTB企画

 

各地から京都駅に集合された18名が5台のハイヤーに分乗され

大原で心も身体もリフレッシュするという企画

 

まずは「わっぱ堂」の畑で旬の夏野菜を収穫し、「音無しの滝」にてマイナスイオンを浴びリフレッシュ

ランチタイムは「野むら山荘」で収穫した旬野菜を調理実習し、ご家庭での食べ方などをレクチャー

ランチメニューは季節の八寸、軍鶏小鍋、大原女蕎麦、水菓子を!

その後、「音吹く畑」で収穫されたハーブ水で足水で爽快な昼下がり

ハーブティーや紫蘇ジュース、柑橘水などはフリードリンクで

そのまま野むら山荘に滞在するチームと「三千院」を拝観するチームに分かれ

最後はドレッシングや旬野菜を販売する「志野」でお買い物

そんな流れでリトリートを体験するツアーでした。

 

調理実習と質疑コーナー担当は中東篤志さんと中島颯太が担当しました。

 

 

 

カテゴリー: 過去のイベント, 関守石のひとりごと

第38回 野むら山荘寄席を開催しました

第38回 野むら山荘寄席を開催しました☆
生憎の空模様でしたが、ほぼ満席のご入場でウキウキ❗️
CO2センサーをもとに換気も心がけながらの開催です♪
盆が過ぎても気温と献立はまだまだ夏真っ盛りでございます💦
鮎の饗宴‼️迫力です😽
小鍋は定番の軍鶏❗️
蕎麦は自家製しば漬を使った「大原女蕎麦」さっぱりテイストは夏の涼味ですネ♪
水菓子は黒みつアイスでした🍨
さてさて、ここからはお待ちかねの落語タイム🎶
ーーーっと、その前に❗️
定番となった私のショート漫談😅
定期検診の大切さを語りました🤗
一席目は
桂笑金さんで「厩火事」
昨年に続き2度目の出演でしたが、凄く成長されてました❣️
吉本興業の社員から落語家に転身されて頑張る笑金さんを応援しています🤗
二席目は
桂かい枝さんで「青菜」
夏の涼を題材にした噺ですが、正直今までに出会った青菜とは一線を画す出来でした❣️
間、表情、仕草、声色、空気感とも
まさに熟練した者のみが持つ「芸」を目の当たりにした感じです。
お越しいただいた皆様からも絶賛の声を頂き、笑いによる免疫力の向上に効果を上げられた一日になりました。感謝🙇‍♂️
次回は来月9/18(日)
出演:笑福亭鶴二さん、月亭秀都さんです。
お料理も変わりますので、是非お越しくださいませ☆
ご予約受付075-744-3456
野むら山荘

カテゴリー: お知らせ, 過去のイベント, 関守石のひとりごと

第37回 野むら山荘寄席を開催しました

第37回野むら山荘寄席
半年ぶりの開催になりました!
夏の食材を料理にして、自作の舟形に盛りお客様のもとへ♬
小鍋は梅雨の雨を飲み美味しくなるという鱧にしました
お後は十割蕎麦に黒蜜きな粉アイス
雨も降らず、コロナ制限もない状況で開催できたことは、何よりものご褒美といえましょう!
皆さん、マスク越しながら大いに笑いのんびりとした日曜の昼下がりを過ごしていただけたようでした
13時からはお待ちかねの落語タイム♬
お決まりになった? 私のショート漫談からスタート
30ン年前に沖縄で過ごした時のお話
お亡くなりになった俳優の渡辺裕之さんと「リポビタンD」のCM撮りに参加した時のお話から、いざとなったら「ファイト一発!」の精神で乗り切りましょうというお話
現場にいないと全然わかりませんね(笑)
一席目は桂白鹿さん
ネタは手水廻し
2年前に笑福亭鶴二師匠と一緒に来られた時より格段に上手くなられていました
まくら噺もゆったりとした語り口で皆さんの視線をひきつけていました
二席目は桂文鹿さん
ネタは質屋蔵
野むら山荘寄席は3度目のご出演でして、新作を多くネタに持つ師匠ですが、今回は古典披露
質屋の様子(システム)を自ら体得し噺に奥行きを待たすべく、現存する質屋に出向き勉強するといった力の入れようは、聴く者にとって噺に出てくる質屋やそれを取り巻くいろいろな状況のイメージを膨らませやすい内容でした
また今回は鳴り物(太鼓など)を持参され、臨場感もたっぷり!
ウトウトしかけたお客さんも突然の鳴り物に飛び起きておられました(笑)
次回は8月21日(日)桂かい枝さん、桂笑金さんです
皆様のご参加をお待ちしています!
075-744-3456 野むら山荘

カテゴリー: 過去のイベント, 関守石のひとりごと

第35回 野むら山荘寄席を開催しました

第35回 野むら山荘寄席を開催しました。

師走ということで小鍋はぼたん(猪鍋)仕立てで、八寸も秋冬の装いです。

手打ち蕎麦は新蕎麦の生粉打ちですので風味もマシマシです!

 

今回のゲストは、月亭遊方さん、月亭希遊さん

その前に恒例になりました店主の漫談で(笑)

今回の漫談は、実体験に基づいた(いつもそうですが)

ノンフィクションストーリーで、タイトルは「選挙」

 

以前、選挙のお手伝いをした際に起こった

奇想天外な出来事で笑いを取りました(^^♪

 

そしてお待ちかねの二席は、希遊さんで「池田の猪買い」

遊方さんの新作で「クレーマークレーマー」で大爆笑!

 

師走の気忙しい中、ご来客の皆さんには大笑いしていただき

免疫力アップの一助にしていただきました(^_-)-☆

 

来年は、3月27日(日)桂かい枝さん、桂雪鹿さんのゲストでスタートします。

 

随時ご予約を承っていますので、参加ご希望のお客様はご連絡くださいませ。

 

075-744-3456 野むら山荘

 

カテゴリー: お知らせ, 過去のイベント, 野むら山荘ニュース, 関守石のひとりごと

紅葉ジャズライブ♬開催!

 

秋も深まる中、今回で3度目になる「紅葉ジャズライブ♬」を開催しました。

このイベントは3年連続で11月に開催していますが

初年度は2019年11月でコロナウイルスがまだこの世に発生しておらず

40名満席で開催しまして、2年目の2020年11月はコロナ禍でしたが

10月~11月は感染者数が激減してため感染防止の規制はなく

ほぼ満席での開催となりました。

そして3年目の今回、ご存知の通りコロナの感染者数が激減して安定傾向にあるため

酒類提供禁止や時短営業などの規制はすべて解除されたうえで

ほぼ満席にて無事開催! 天気も青空が澄み渡る秋晴れ!!

この会、もってると実感!

 

色とりどりの秋の八寸から鴨の小鍋立て、秋の新蕎麦十割蕎麦と水菓子で

食欲を満たしていただいた後は芸術の秋ということで、お待ちかねのジャズライブ♬

大原の山里で樹々の紅葉に囲まれながら、癒しのひと時を過ごしていただきました。

 

※好評のため2022年紅葉ジャズライブ♬は、11月6日(日)に開催決定しました!

 

~当日の様子です~

(1) Facebook

 

カテゴリー: お知らせ, 過去のイベント, 関守石のひとりごと

第34回 野むら山荘寄席を開催しました

今回初めてのオンライン配信も加わり、全国の方々にもお楽しみいただきました。

落語のあとには茶会も控えているという新企画!

 

さて、今回の料理ですが、中秋芋名月ということで、里芋の葉を器に

旬菜を盛り込みすすきを添えました。

 

小鍋は、寄席初登場の「う鍋」。

白焼きにした鰻にささがき牛蒡、九条葱、大根を特製出汁で

さっと煮込んでどうぞ!

蕎麦は、自家製しば漬の新漬と鬼おろし大根を十割蕎麦にのせて

爽やかな出汁を張りサッパリとお召し上がりくださいませ~

お口直しは、抹茶アイスを最中でサンド!

 

今回の落語はたっぷり三席です!

 

笑福亭鶴二「十徳」

笑福亭鶴太「大安売り」

笑福亭鶴二「中村仲蔵」

 

鶴太さんは6年目の若手噺家。NHK(関西のみ放送)上方ルーキーズのメンバー

これから益々活躍されるであろう期待の人材です。

大きな体と愛嬌たっぷりなキャラは一目見たら忘れませんね。

自称105キロの体重があるんだそうで、高座もミシミシと悲鳴が(汗

再登場があるときは補強せねば(笑

 

鶴二さんは当寄席に毎年出ていただくレギュラーメンバー。

登場するやいなや、瞬時に会場の雰囲気を読み取り

時事ネタを交えて場の雰囲気を一変させて和ませるなど

芸歴35年のキャリアは伊達やありませんね。

本題に入っても強弱メリハリ、感情移入がしっかりあって

いつの間にか噺の中に引き込まれている・・・

そんな感じです。 流石ですなぁ~と、感心。

 

三席の落語タイムが終わり、続いてテラス席で茶会。

 

裏千家・佐山宗準さんが席主となり、鶴二さん鶴太さんを交えて

落語をモチーフにしたお菓子や茶碗を用いて歓談。

茶の湯と落語の融合した世界観を語り合いながら、日本文化の奥ゆかしさを

感じる茶席となりました。

 

次回イベントは、

11月7日(日) 秋のジャズライブ♬(ランチ付き)@6,000円

12月12日(日) 35回野むら山荘寄席 月亭遊方・月亭希遊(ランチ付き)@6,000円

 

いずれも参加者募集中です! 075-744-3456 野むら山荘

 

カテゴリー: お知らせ, 過去のイベント, 関守石のひとりごと

第33回 野むら山荘寄席を開催しました

第33回 野むら山荘寄席を開催しました。
今回から息子(27歳)が厨房に入り、二人体制での仕事がスタートしました。これまでは、ひとり仕事でてんやわんやしていた準備がスムーズに進行できるようになり、頼もしいかぎりです! 人海戦術って初めて味わう快感(笑)
料理は夏の季節に涼風を感じるガラスの器に、鮎や大原の夏野菜などを盛り込み、小鍋は定番の軍鶏鍋にしました。
蕎麦はもちろん十割蕎麦ですので、風味も堪能していただけとかと思います。水菓子は抹茶アイス最中!
お待ちかねの落語タイムは欲張り三席で!
先ずは新作落語「俺たち暴走族」桂文鹿さん。
元暴走族の総長だった笑福亭飛梅さんの実話をもとに創作された痛快な老々暴走噺でした! 爆笑!
二席目は「真田小僧」桂九ノ一さん。
20歳で入門され、6年目目の噺家さんです。初めて九ノ一さんの噺を聴きましたが、グレイト!の一言に尽きました。
噺っぷりはもちろんですが、表情や身体の使い方、声の強弱、テンポ、すべて出来上がっていて、とても6年目の噺家さんとは思えない将来の愉しみな若手です。ベリーグッド!
三席目は「鹿政談」桂文鹿さん。
文鹿さんの出身地、奈良と鹿がテーマの御裁きの噺。
年季を感じる貫禄と迫力みなぎる噺っぷりで、会場の皆さんも文鹿ワールドに引き込まれていました。流石です!
次回は、9月26日(日)
11:30~12:50 ランチタイム
13:00~14:00 落語タイム
出演:笑福亭鶴二さん、笑福亭鶴太さん
会費:6,000円(税込)
京都市左京区大原野村町236
野むら山荘  075-744-3456
ご予約お待ちしています!

カテゴリー: お知らせ, 過去のイベント, 関守石のひとりごと

第32回 野むら山荘寄席を開催しました

第32回 野むら山荘寄席を開催、今年は桜の開花が1~2週早く、ほぼ満開でお花見寄席になりました。
春の献立は自作の舟形器に盛り込み、お客様のもとへ。
軍鶏の小鍋立てのあとは十割手打ち蕎麦。
水菓子は桜もなかで洒落込みました。
前座トークは私の体験談。
学生生活を過ごした沖縄での話。アルバイト先のオカマbarでゲイのおっちゃんに好かれて誘惑され、危うく新世界を見そうになった実話で会場の雰囲気を温めました(笑)
お待ちかねの高座は、桂笑金さん。噺家になって3年、以前は吉本興業の社員だったそうです。西川きよし、ミスターオクレなどの芸人との絡み話を枕に「道具屋」を披露。よどみなく上手い噺っぷりでした。
続いて林家菊丸さん。枕からかなり笑わせてもらい、大いにNK細胞も活性化、免疫力もupしましたよ!
ネタは「餅屋問答」27年のキャリアはやはり凄いですね。
コロナ禍ですので募集人数を制限しての開催でしたが、ご参加の皆さんには大いに愉しんでいただけた日曜日になったかと思います。
次回は6月27日、桂文鹿さん、桂九ノ一さんの出演です。
ご予約受付中! 電話かメッセンジャーでご予約ください。
075-744-3456 野むら山荘

カテゴリー: 過去のイベント, 関守石のひとりごと

第31回 野むら山荘寄席を開催しました

第31回 野むら山荘寄席を開催しました。
師走も半ば、冬支度の献立です。
定番の小鍋立ては「ぼたん」お客様にも喜ばれました!
ランチの後は、お愉しみの高座です。
今回の出演者は、桂弥っこさん。ネタは「代脈」
入門6年目とは思えぬ流ちょうな噺で、将来が楽しみな噺家さんだなぁと思いました。
トリは、月亭遊方さん。ネタは「宿替え」
滅茶苦茶おもろいまくら噺と滑稽さを極めた宿替えで、会場は爆笑の渦!
気分も沈むコロナ禍ではありますが、笑いが心も弾む一服の清涼剤になりました。
笑うってホントにいいですね!
来年の落語会スケジュールも決まりました。
またあらためてお知らせしますね!
年内のイベントは今回で終了。それでは、流行りのウイルスに感染しないようお気をつけ頂き、よき新年をお迎えください。

カテゴリー: お知らせ, 過去のイベント, 関守石のひとりごと

紅葉ジャズライブを開催しました!

11月15日に、野むら山荘・紅葉ジャズライブ♬を開催しました。
当日は素晴らしい秋晴れに恵まれて、色とりどりに染まった樹々たちが皆様をお出迎え!
食欲の秋、芸術の秋と云われるように、秋色八寸、名物軍鶏の小鍋立て、秋の新蕎麦十割仕立て、水菓子を召し上がっていただいた後に、蓑輪裕之さん(b)、簑島幸美さん(Vo)、高岡正人さん(p)のステキなジャズメロディに酔いしれていただきました。
今年の紅葉は例年にも増して綺麗に輝いていましたが、それに負けず劣らずの迫力あるサウンドは、やはりライブならではですね!
コロナで色々と制約がある中、たくさんのご参加に感謝感激です。
来年の野むら山荘・紅葉ジャズライブは2021年11月7日(日)に決まりました。
またあらためてご案内しますので、お愉しみに~♬
動画はこちらをクリック!

カテゴリー: お知らせ, 過去のイベント, 関守石のひとりごと

第30回野むら山荘寄席を開催しました

第30回野むら山荘寄席を開催しました。
コロナの影響で募集人数を制限し、消毒や換気を行いながらの寄席ライブ!
お食事は、秋の気配を感じ取っていただくような内容で!
季節の前菜、軍鶏小鍋立て、すだち蕎麦、栗あいす最中。

連休(シルバーウィーク)という事で道路は大渋滞。大阪から来られる噺家さんが渋滞にはまり30分ほど遅着というハプニング!
しかも、前座の夢二さん(鶴二師匠のお弟子さん)が車酔いで青ざめる・・・という最悪の状態だったようで、どうなることやらハラハラドキドキでした。
しかしそこはプロ。
練習通りにトチルことなく「煮売屋」を披露した夢二さん。
高座デビュー5か月と、初々しくもしっかりと前座を務められました。
続いては白鹿さん。
伏見にある文鹿師匠のお宅に住み込み修行をしていた頃の出来事を枕噺に。
近所に住んでいる人に伏見の酒どころで白鹿とはどういう事や? ここは京都の酒どころ伏見やで! 桂白鹿やのうて、桂月桂冠か桂黄桜に改名したらどうや!と、なぶられたとのこと(笑)
桂白鹿の由来は、本名が渡辺辰馬で、日本酒の白鹿は辰馬本家酒造が造っている酒なので白鹿になったのだそう。
桂白鹿を名乗ることについて、辰馬本家酒造にも許可を得ているとのことでした。
落語の方は「千早振る」
6年のキャリアは正直です。余裕さえ感じさせる噺っぷり!
これからが楽しみですね~
そしてトリは鶴二さん。
遅参のお詫びからスタート。枕で来客のハートをしっかり鷲掴みしたあとで「胴乱の幸助」
コロナで中止になった独演会で披露するために温めていたネタとのこと。
来年が芸能35周年というキャリアを存分に発揮された高座でした。
で、当寄席が30回の節目ということで、三味線演奏もしていただきました。都々逸でも爆笑を誘い無事お開き。
動画の再生はこちらからどうぞ
ご来客も大満足の30回記念寄席になり、私も充実した一日になりました。
次のイベントは、
11月15日(日)紅葉ジャズライブ♬
12月13日(日)第31回寄席 出演:月亭遊方、桂弥っこ
ご予約、お問い合わせは、075-744-3456 野むら山荘までご連絡ください。

カテゴリー: お知らせ, 過去のイベント, 関守石のひとりごと

第29回 野むら山荘寄席を開催しました

第29回 野むら山荘寄席を開催しました。

コロナ明けでしたが、しっかりと消毒、ソーシャルディスタンスを意識しながら愉しむ落語会になりました。

料理は初夏らしく、涼しげな面持ちで・・・

出演者は、お二人とも当寄席は初出演の桂文鹿さん、桂雪鹿さん。

先ずは一席目に文鹿さんの「酒の粕」で先制パンチ!

会場が温まってきたところで、雪鹿さんの登場。
演目は「田楽喰い」

そのあと高座を降りて「ヴァイオリン漫談」に突入!

大阪環状線各駅の発車ベル♬をヴァイオリンで演奏♬、葉加瀬太郎の♬も披露! ブラボー! 拍手喝采でした。

 

三席目に再び文鹿さん登場!
演目は「紙相撲風景」 待ってました!

こちらの演目は、当山荘女将のリクエストでしたが、快くお引き受けいただきまして感謝感激!
当女将は、はるか昔の女子高校生の頃に千代の富士の追っかけをしていたらしく、NHK上方落語の会で放送された文鹿さんの「紙相撲風景」を観て感動し、今回の生紙相撲風景の再現に至ったというわけです。

ストーリーは知っていましたが、時代に合わせて登場力士の名前が引退した力士名から現役力士に替わっていたところなど、細かな組み立てを随所に感じ取ることができて、力士の細かな癖や所作を忠実に観察再現しておられ、素晴らしいネタの完成度と文鹿さんの迫力に会場は大喝采!!

コロナ明けのジト~っとした空気感を一新してもらった会になりました。

やはり笑いって、素晴らしいですね!
笑顔のお客様を見ているだけで、この会を続けていてよかったなと感じた一日になりました。

次回は、9月20日(日)笑福亭鶴二さん、桂白鹿さんの登場です。

幸せな時間を探しに、ぜひおいでください。
ご予約受付中 075-744-3456
野むら山荘までご連絡お待ちしています(^^♪

 

カテゴリー: お知らせ, 過去のイベント, 関守石のひとりごと
京都大原 野むら山荘 〒601-1247
京都府京都市左京区大原野村町236
ご予約制:木曜定休
Copyright© 2022 NOMURA-SANSOU. All Rights Reserved.