最新情報

» 近日開催のイベントはこちら

第37回 野むら山荘寄席を開催しました

第37回野むら山荘寄席
半年ぶりの開催になりました!
夏の食材を料理にして、自作の舟形に盛りお客様のもとへ♬
小鍋は梅雨の雨を飲み美味しくなるという鱧にしました
お後は十割蕎麦に黒蜜きな粉アイス
雨も降らず、コロナ制限もない状況で開催できたことは、何よりものご褒美といえましょう!
皆さん、マスク越しながら大いに笑いのんびりとした日曜の昼下がりを過ごしていただけたようでした
13時からはお待ちかねの落語タイム♬
お決まりになった? 私のショート漫談からスタート
30ン年前に沖縄で過ごした時のお話
お亡くなりになった俳優の渡辺裕之さんと「リポビタンD」のCM撮りに参加した時のお話から、いざとなったら「ファイト一発!」の精神で乗り切りましょうというお話
現場にいないと全然わかりませんね(笑)
一席目は桂白鹿さん
ネタは手水廻し
2年前に笑福亭鶴二師匠と一緒に来られた時より格段に上手くなられていました
まくら噺もゆったりとした語り口で皆さんの視線をひきつけていました
二席目は桂文鹿さん
ネタは質屋蔵
野むら山荘寄席は3度目のご出演でして、新作を多くネタに持つ師匠ですが、今回は古典披露
質屋の様子(システム)を自ら体得し噺に奥行きを待たすべく、現存する質屋に出向き勉強するといった力の入れようは、聴く者にとって噺に出てくる質屋やそれを取り巻くいろいろな状況のイメージを膨らませやすい内容でした
また今回は鳴り物(太鼓など)を持参され、臨場感もたっぷり!
ウトウトしかけたお客さんも突然の鳴り物に飛び起きておられました(笑)
次回は8月21日(日)桂かい枝さん、桂笑金さんです
皆様のご参加をお待ちしています!
075-744-3456 野むら山荘

カテゴリー: 過去のイベント, 関守石のひとりごと

第35回 野むら山荘寄席を開催しました

第35回 野むら山荘寄席を開催しました。

師走ということで小鍋はぼたん(猪鍋)仕立てで、八寸も秋冬の装いです。

手打ち蕎麦は新蕎麦の生粉打ちですので風味もマシマシです!

 

今回のゲストは、月亭遊方さん、月亭希遊さん

その前に恒例になりました店主の漫談で(笑)

今回の漫談は、実体験に基づいた(いつもそうですが)

ノンフィクションストーリーで、タイトルは「選挙」

 

以前、選挙のお手伝いをした際に起こった

奇想天外な出来事で笑いを取りました(^^♪

 

そしてお待ちかねの二席は、希遊さんで「池田の猪買い」

遊方さんの新作で「クレーマークレーマー」で大爆笑!

 

師走の気忙しい中、ご来客の皆さんには大笑いしていただき

免疫力アップの一助にしていただきました(^_-)-☆

 

来年は、3月27日(日)桂かい枝さん、桂雪鹿さんのゲストでスタートします。

 

随時ご予約を承っていますので、参加ご希望のお客様はご連絡くださいませ。

 

075-744-3456 野むら山荘

 

カテゴリー: お知らせ, 過去のイベント, 野むら山荘ニュース, 関守石のひとりごと

紅葉ジャズライブ♬開催!

 

秋も深まる中、今回で3度目になる「紅葉ジャズライブ♬」を開催しました。

このイベントは3年連続で11月に開催していますが

初年度は2019年11月でコロナウイルスがまだこの世に発生しておらず

40名満席で開催しまして、2年目の2020年11月はコロナ禍でしたが

10月~11月は感染者数が激減してため感染防止の規制はなく

ほぼ満席での開催となりました。

そして3年目の今回、ご存知の通りコロナの感染者数が激減して安定傾向にあるため

酒類提供禁止や時短営業などの規制はすべて解除されたうえで

ほぼ満席にて無事開催! 天気も青空が澄み渡る秋晴れ!!

この会、もってると実感!

 

色とりどりの秋の八寸から鴨の小鍋立て、秋の新蕎麦十割蕎麦と水菓子で

食欲を満たしていただいた後は芸術の秋ということで、お待ちかねのジャズライブ♬

大原の山里で樹々の紅葉に囲まれながら、癒しのひと時を過ごしていただきました。

 

※好評のため2022年紅葉ジャズライブ♬は、11月6日(日)に開催決定しました!

 

~当日の様子です~

(1) Facebook

 

カテゴリー: お知らせ, 過去のイベント, 関守石のひとりごと

第34回 野むら山荘寄席を開催しました

今回初めてのオンライン配信も加わり、全国の方々にもお楽しみいただきました。

落語のあとには茶会も控えているという新企画!

 

さて、今回の料理ですが、中秋芋名月ということで、里芋の葉を器に

旬菜を盛り込みすすきを添えました。

 

小鍋は、寄席初登場の「う鍋」。

白焼きにした鰻にささがき牛蒡、九条葱、大根を特製出汁で

さっと煮込んでどうぞ!

蕎麦は、自家製しば漬の新漬と鬼おろし大根を十割蕎麦にのせて

爽やかな出汁を張りサッパリとお召し上がりくださいませ~

お口直しは、抹茶アイスを最中でサンド!

 

今回の落語はたっぷり三席です!

 

笑福亭鶴二「十徳」

笑福亭鶴太「大安売り」

笑福亭鶴二「中村仲蔵」

 

鶴太さんは6年目の若手噺家。NHK(関西のみ放送)上方ルーキーズのメンバー

これから益々活躍されるであろう期待の人材です。

大きな体と愛嬌たっぷりなキャラは一目見たら忘れませんね。

自称105キロの体重があるんだそうで、高座もミシミシと悲鳴が(汗

再登場があるときは補強せねば(笑

 

鶴二さんは当寄席に毎年出ていただくレギュラーメンバー。

登場するやいなや、瞬時に会場の雰囲気を読み取り

時事ネタを交えて場の雰囲気を一変させて和ませるなど

芸歴35年のキャリアは伊達やありませんね。

本題に入っても強弱メリハリ、感情移入がしっかりあって

いつの間にか噺の中に引き込まれている・・・

そんな感じです。 流石ですなぁ~と、感心。

 

三席の落語タイムが終わり、続いてテラス席で茶会。

 

裏千家・佐山宗準さんが席主となり、鶴二さん鶴太さんを交えて

落語をモチーフにしたお菓子や茶碗を用いて歓談。

茶の湯と落語の融合した世界観を語り合いながら、日本文化の奥ゆかしさを

感じる茶席となりました。

 

次回イベントは、

11月7日(日) 秋のジャズライブ♬(ランチ付き)@6,000円

12月12日(日) 35回野むら山荘寄席 月亭遊方・月亭希遊(ランチ付き)@6,000円

 

いずれも参加者募集中です! 075-744-3456 野むら山荘

 

カテゴリー: お知らせ, 過去のイベント, 関守石のひとりごと

第33回 野むら山荘寄席を開催しました

第33回 野むら山荘寄席を開催しました。
今回から息子(27歳)が厨房に入り、二人体制での仕事がスタートしました。これまでは、ひとり仕事でてんやわんやしていた準備がスムーズに進行できるようになり、頼もしいかぎりです! 人海戦術って初めて味わう快感(笑)
料理は夏の季節に涼風を感じるガラスの器に、鮎や大原の夏野菜などを盛り込み、小鍋は定番の軍鶏鍋にしました。
蕎麦はもちろん十割蕎麦ですので、風味も堪能していただけとかと思います。水菓子は抹茶アイス最中!
お待ちかねの落語タイムは欲張り三席で!
先ずは新作落語「俺たち暴走族」桂文鹿さん。
元暴走族の総長だった笑福亭飛梅さんの実話をもとに創作された痛快な老々暴走噺でした! 爆笑!
二席目は「真田小僧」桂九ノ一さん。
20歳で入門され、6年目目の噺家さんです。初めて九ノ一さんの噺を聴きましたが、グレイト!の一言に尽きました。
噺っぷりはもちろんですが、表情や身体の使い方、声の強弱、テンポ、すべて出来上がっていて、とても6年目の噺家さんとは思えない将来の愉しみな若手です。ベリーグッド!
三席目は「鹿政談」桂文鹿さん。
文鹿さんの出身地、奈良と鹿がテーマの御裁きの噺。
年季を感じる貫禄と迫力みなぎる噺っぷりで、会場の皆さんも文鹿ワールドに引き込まれていました。流石です!
次回は、9月26日(日)
11:30~12:50 ランチタイム
13:00~14:00 落語タイム
出演:笑福亭鶴二さん、笑福亭鶴太さん
会費:6,000円(税込)
京都市左京区大原野村町236
野むら山荘  075-744-3456
ご予約お待ちしています!

カテゴリー: お知らせ, 過去のイベント, 関守石のひとりごと

第32回 野むら山荘寄席を開催しました

第32回 野むら山荘寄席を開催、今年は桜の開花が1~2週早く、ほぼ満開でお花見寄席になりました。
春の献立は自作の舟形器に盛り込み、お客様のもとへ。
軍鶏の小鍋立てのあとは十割手打ち蕎麦。
水菓子は桜もなかで洒落込みました。
前座トークは私の体験談。
学生生活を過ごした沖縄での話。アルバイト先のオカマbarでゲイのおっちゃんに好かれて誘惑され、危うく新世界を見そうになった実話で会場の雰囲気を温めました(笑)
お待ちかねの高座は、桂笑金さん。噺家になって3年、以前は吉本興業の社員だったそうです。西川きよし、ミスターオクレなどの芸人との絡み話を枕に「道具屋」を披露。よどみなく上手い噺っぷりでした。
続いて林家菊丸さん。枕からかなり笑わせてもらい、大いにNK細胞も活性化、免疫力もupしましたよ!
ネタは「餅屋問答」27年のキャリアはやはり凄いですね。
コロナ禍ですので募集人数を制限しての開催でしたが、ご参加の皆さんには大いに愉しんでいただけた日曜日になったかと思います。
次回は6月27日、桂文鹿さん、桂九ノ一さんの出演です。
ご予約受付中! 電話かメッセンジャーでご予約ください。
075-744-3456 野むら山荘

カテゴリー: 過去のイベント, 関守石のひとりごと

第31回 野むら山荘寄席を開催しました

第31回 野むら山荘寄席を開催しました。
師走も半ば、冬支度の献立です。
定番の小鍋立ては「ぼたん」お客様にも喜ばれました!
ランチの後は、お愉しみの高座です。
今回の出演者は、桂弥っこさん。ネタは「代脈」
入門6年目とは思えぬ流ちょうな噺で、将来が楽しみな噺家さんだなぁと思いました。
トリは、月亭遊方さん。ネタは「宿替え」
滅茶苦茶おもろいまくら噺と滑稽さを極めた宿替えで、会場は爆笑の渦!
気分も沈むコロナ禍ではありますが、笑いが心も弾む一服の清涼剤になりました。
笑うってホントにいいですね!
来年の落語会スケジュールも決まりました。
またあらためてお知らせしますね!
年内のイベントは今回で終了。それでは、流行りのウイルスに感染しないようお気をつけ頂き、よき新年をお迎えください。

カテゴリー: お知らせ, 過去のイベント, 関守石のひとりごと

紅葉ジャズライブを開催しました!

11月15日に、野むら山荘・紅葉ジャズライブ♬を開催しました。
当日は素晴らしい秋晴れに恵まれて、色とりどりに染まった樹々たちが皆様をお出迎え!
食欲の秋、芸術の秋と云われるように、秋色八寸、名物軍鶏の小鍋立て、秋の新蕎麦十割仕立て、水菓子を召し上がっていただいた後に、蓑輪裕之さん(b)、簑島幸美さん(Vo)、高岡正人さん(p)のステキなジャズメロディに酔いしれていただきました。
今年の紅葉は例年にも増して綺麗に輝いていましたが、それに負けず劣らずの迫力あるサウンドは、やはりライブならではですね!
コロナで色々と制約がある中、たくさんのご参加に感謝感激です。
来年の野むら山荘・紅葉ジャズライブは2021年11月7日(日)に決まりました。
またあらためてご案内しますので、お愉しみに~♬
動画はこちらをクリック!

カテゴリー: お知らせ, 過去のイベント, 関守石のひとりごと

第30回野むら山荘寄席を開催しました

第30回野むら山荘寄席を開催しました。
コロナの影響で募集人数を制限し、消毒や換気を行いながらの寄席ライブ!
お食事は、秋の気配を感じ取っていただくような内容で!
季節の前菜、軍鶏小鍋立て、すだち蕎麦、栗あいす最中。

連休(シルバーウィーク)という事で道路は大渋滞。大阪から来られる噺家さんが渋滞にはまり30分ほど遅着というハプニング!
しかも、前座の夢二さん(鶴二師匠のお弟子さん)が車酔いで青ざめる・・・という最悪の状態だったようで、どうなることやらハラハラドキドキでした。
しかしそこはプロ。
練習通りにトチルことなく「煮売屋」を披露した夢二さん。
高座デビュー5か月と、初々しくもしっかりと前座を務められました。
続いては白鹿さん。
伏見にある文鹿師匠のお宅に住み込み修行をしていた頃の出来事を枕噺に。
近所に住んでいる人に伏見の酒どころで白鹿とはどういう事や? ここは京都の酒どころ伏見やで! 桂白鹿やのうて、桂月桂冠か桂黄桜に改名したらどうや!と、なぶられたとのこと(笑)
桂白鹿の由来は、本名が渡辺辰馬で、日本酒の白鹿は辰馬本家酒造が造っている酒なので白鹿になったのだそう。
桂白鹿を名乗ることについて、辰馬本家酒造にも許可を得ているとのことでした。
落語の方は「千早振る」
6年のキャリアは正直です。余裕さえ感じさせる噺っぷり!
これからが楽しみですね~
そしてトリは鶴二さん。
遅参のお詫びからスタート。枕で来客のハートをしっかり鷲掴みしたあとで「胴乱の幸助」
コロナで中止になった独演会で披露するために温めていたネタとのこと。
来年が芸能35周年というキャリアを存分に発揮された高座でした。
で、当寄席が30回の節目ということで、三味線演奏もしていただきました。都々逸でも爆笑を誘い無事お開き。
動画の再生はこちらからどうぞ
ご来客も大満足の30回記念寄席になり、私も充実した一日になりました。
次のイベントは、
11月15日(日)紅葉ジャズライブ♬
12月13日(日)第31回寄席 出演:月亭遊方、桂弥っこ
ご予約、お問い合わせは、075-744-3456 野むら山荘までご連絡ください。

カテゴリー: お知らせ, 過去のイベント, 関守石のひとりごと

第29回 野むら山荘寄席を開催しました

第29回 野むら山荘寄席を開催しました。

コロナ明けでしたが、しっかりと消毒、ソーシャルディスタンスを意識しながら愉しむ落語会になりました。

料理は初夏らしく、涼しげな面持ちで・・・

出演者は、お二人とも当寄席は初出演の桂文鹿さん、桂雪鹿さん。

先ずは一席目に文鹿さんの「酒の粕」で先制パンチ!

会場が温まってきたところで、雪鹿さんの登場。
演目は「田楽喰い」

そのあと高座を降りて「ヴァイオリン漫談」に突入!

大阪環状線各駅の発車ベル♬をヴァイオリンで演奏♬、葉加瀬太郎の♬も披露! ブラボー! 拍手喝采でした。

 

三席目に再び文鹿さん登場!
演目は「紙相撲風景」 待ってました!

こちらの演目は、当山荘女将のリクエストでしたが、快くお引き受けいただきまして感謝感激!
当女将は、はるか昔の女子高校生の頃に千代の富士の追っかけをしていたらしく、NHK上方落語の会で放送された文鹿さんの「紙相撲風景」を観て感動し、今回の生紙相撲風景の再現に至ったというわけです。

ストーリーは知っていましたが、時代に合わせて登場力士の名前が引退した力士名から現役力士に替わっていたところなど、細かな組み立てを随所に感じ取ることができて、力士の細かな癖や所作を忠実に観察再現しておられ、素晴らしいネタの完成度と文鹿さんの迫力に会場は大喝采!!

コロナ明けのジト~っとした空気感を一新してもらった会になりました。

やはり笑いって、素晴らしいですね!
笑顔のお客様を見ているだけで、この会を続けていてよかったなと感じた一日になりました。

次回は、9月20日(日)笑福亭鶴二さん、桂白鹿さんの登場です。

幸せな時間を探しに、ぜひおいでください。
ご予約受付中 075-744-3456
野むら山荘までご連絡お待ちしています(^^♪

 

カテゴリー: お知らせ, 過去のイベント, 関守石のひとりごと

紅葉ジャズライブ♬を開催しました

晩秋の大原、散り始めの紅葉を愛でつつ

山里にこだまするジャズの音色に酔いしれました。

 

11:30~12:50(ランチタイム)

先ずは腹ごしらえ(^^)/

秋の献立で!

 

 

13:00~15:00(ライブ)

そしてお待ちかねのショータイム♬

 

ボーカルの簑島幸美さん、スレンダーな姿から

想像できない迫力のあるボイスが!

 

ベースの蓑輪裕之さん、高槻ジャズストリートの

主催者でもあるジャズ界の鉄人!

 

ピアノの高岡正人さん、しなやかな指先から

即興でメロディを奏でるマイスター!

 

満員御礼で、参加者一同素晴らしいジャズの音色に癒されました。

そして早くも来年のイベントスケジュールも決まりましたので

こっそりお知らせします(笑)

来年の開催日は、2020年11月15日(日)です。

定員38席ですので、参加希望の方は下記まで申し込み願います。

 

野むら山荘 075-744-3456

 

動画は下記から

https://www.facebook.com/254856554530937/videos/952168951805617/

https://www.facebook.com/254856554530937/videos/923661904682351/

https://www.facebook.com/254856554530937/videos/952168951805617/

https://www.facebook.com/254856554530937/videos/923661904682351/

カテゴリー: お知らせ, 過去のイベント, 野むら山荘ニュース, 関守石のひとりごと

タンゴライブ♬を開催しました

11月10日 タンゴアンサンブル・ガラピニャーダの皆さんをお招きして

アルゼンチンタンゴと秋の食事会を開催。

当日は抜けるような秋空に映える紅葉と、アルゼンチンタンゴのメロディが

ゆったりと流れる優雅な昼下がりを演出しました。

 

中島 一彰さんの投稿 2019年11月9日土曜日

 

当日の模様はこちらから・・・

庭園のアプローチで紅葉を愉しんで

食事も秋の景色

そしてお待ちかねのライブ♬

ありがとうございました。

また愉しい企画をしますので、ぜひお気軽にご参加ください(^^♪

 

カテゴリー: お知らせ, 過去のイベント, 野むら山荘ニュース, 関守石のひとりごと

第27回 野むら山荘寄席を開催しました

第27回 野むら山荘寄席を開催しました。
おかげさまで満席御礼!
会場は大いに盛り上がりました(^^♪

出演は、月亭希遊さんで演目は「寄合酒」滋賀からご両親もお見えになり、ご本人も緊張されていたご様子でしたが、プロらしく堂々とした噺っぷりでした(^^♪

トリは月亭遊方さんで演目は「公園の幼児ん坊」
新作落語で大いに盛り上がり、マクラもロングでお客様大笑い(^_-)-☆

今年は4回落語会を開催しました。
来年も4回開催を目指して頑張ってまいりますので、ご参加よろしくお願いします。
落語会のご案内は、ホームページ、フェイスブック、店内チラシなどで随時お知らせします。

 

カテゴリー: お知らせ, 過去のイベント, 関守石のひとりごと

第26回 野むら山荘寄席を開催しました

第26回 野むら山荘寄席を開催しました。

出演は、林家笑丸さん、林家染吉さんのお二方。
一席目の染吉さんは時うどん。おなじみの噺ですが、よく稽古されてるとみえて非常に上手かったです(^^♪

二席目は笑丸さん。枕は「ひとり替え歌ひとり突っ込み入り」で大爆笑! 演目は居候講釈でしたが、間にいろんなネタが入って、笑丸さんらしい組み立てでした。最後に紙切り。お客さんにリクエストを聞きながら、それは完全無視のネズミのうしろ紙切り(笑)


しっかり笑わせてもらいました(^^♪

料理は夏景色。
蕎麦はすだち蕎麦にしましたところ、サッパリとおいしかったと上々の反応。出汁まで飲んでいただける夏蕎麦です。

次回は10月6日(日)
出演は、月亭遊方さん、月亭希遊さん。

11月10日(日)はタンゴアンサンブルを開催します。
アルゼンチンタンゴに魅了されてくださいませ~♬

いずれもご予約は、075-744-3456
野むら山荘まで

皆様のご来店をお待ちしています(^^♪

カテゴリー: お知らせ, 過去のイベント, 野むら山荘ニュース, 関守石のひとりごと

第25回 野むら山荘寄席を開催しました

第25回 野むら山荘寄席を開催しました。

水無月は陰暦6月に田に水を引くことから、水張月とも呼ばれたそうです。
天気予報では曇りとのことでしたが、激しい通り雨が2度ほどあり、いよいよ梅雨入りかな、という天気でした。

 

さて、前菜は季節の彩を添えて、鱧も出回る頃なので、今回の小鍋は鱧鍋。新玉葱や牛蒡との相性もよいですね。

定番の十割蕎麦とアイスもなか。

 

食事の後は、お愉しみの二席。

笑福亭智丸さんは「西行鼓ヶ滝」
講談にもかかるネタで、文学青年らしいチョイス!勉強になります。

 

続いては、笑福亭鶴二さん。
ネタは、桂三枝作「作文」
いつもながら、まくら噺から愉しい時間。
当落語会の4番バッターとしての役割をしっかり果たしてくれるところは、さすがです! 

 

また本日は、2名のドタキャンがあり、お席と食事が無駄になってしまいました。お席を確保し、食事もご用意していますので、ドタキャンはご勘弁ください。

次回は8月25日(日)
出演は林家笑丸さん、林家染吉さんです。
まだ十分にお席がありますので、ご都合が合いましたらお越しくださいませ(^^♪

ご予約・お問合せは、075-744-3456

 

カテゴリー: お知らせ, 過去のイベント, 関守石のひとりごと
京都大原 野むら山荘 〒601-1247
京都府京都市左京区大原野村町236
ご予約制:木曜定休
Copyright© 2022 NOMURA-SANSOU. All Rights Reserved.