最新情報

2月のキャンペーン結果は

2012年02月29日

 

 

2月のキャンペーンは

「サイコロ振ってチャレンジプライス!」

ゾロ目で25%OFF!

奇数で5%OFF!

偶数は残念! でした。

 

結果、

 

25%OFFは16%

5%OFFは50%

割引なしは34% となりました。

 

3月も引き続き同様のキャンペーンを実施いたしますので、

どうぞご利用くださいませ!       主人拝

 

カテゴリー: 野むら山荘ニュース, 関守石のひとりごと

第6回大原フォトコンテスト

2012年02月16日

第6回大原フォトコンテスト

 

本年も「大原の四季」をテーマにフォトコンテストを開催します。

あなたが見つけた大原の素敵な一枚を応募してください。

 

◆テーマ   「大原の四季」 人物、風景、季節に制限はありません。

◆応募資格  プロ、アマ、年齢その他を問いません。

◆応募点数  一人3点まで応募できます。 4点以上応募された方は選考外になります。

◆応募方法  サイズは「四つ切ワイド」をプリントしたものに限ります。サイズ違いは選考外と

なりますのでご注意ください。プリントした作品と共にデータを必ず同封して下さい。

データ未同封の場合は選考外になります。応募作品には下記の用紙に必要事項を

記載し裏面に添付して下さい。複数応募の方は、コピーして使用して下さい。

応募された作品、データは返却できませんので予め御承知下さい。

◆応募締切  平成24年5月31日(木)必着。

◆審  査  6月初旬に北奥耕一郎氏(日本写真家協会会員)、

大原フォトコンテスト委員会が審査します。

◆発  表  6月中旬に当会HPにて発表します。 http://kyoto-ohara-kankouhosyoukai.net/

◆入賞作品  最優秀賞1点、優秀賞2点、入賞3点、三千院特別賞1点、

フォトコン委員会特別賞1点、審査員特別賞1点

入賞作品は、三千院内であじさい祭期間(6月10日~7月10日頃まで)展示いたします。

また副賞として、入賞者には当会各店舗より賞品を送付します。

最優秀賞  ・ペア宿泊券『魚山園』

優秀賞   ・日帰り温泉とお食事券『大原山荘』 ・ペア食事券『芹生』

入賞  ・京つけもの詰め合わせセット『志ば久』  ・京つけもの詰め合わせセット『辻しば』

・ドレッシング詰め合わせ 『志野』

三千院特別賞  ・オリジナルタペストリー 『みつる工芸』

フォトコン委員会特別賞  ・シルクプチストール 『藍の館』

審査員特別賞  ・オリジナル日本酒詰め合わせ『野むら山荘』

◆その他   撮影の際には撮影者が被写体への肖像権の確認を行ってください。

入賞作品の使用権は主催者側に帰属し、展示、出版物、宣伝広告、

インターネット掲載などに無償で使用させていただく場合がありますので、

予めご了承ください。個人情報の取り扱いについては、法律に従い適正に管理します。

◆送り先   〒601-1242  京都市左京区大原来迎院町81

       大原観光保勝会  大原フォトコンテスト委員会宛

◆問い合せ  075-744-2148 (大原観光保勝会)

 

カテゴリー: 大原情報, 関守石のひとりごと

ご入浴プラン復活します

2012年02月15日

お待たせいたしました。

ご入浴プランをご予約いただいていたお客様

大変ご迷惑をおかけいたしました。

設備不都合により、ご入浴ができない旨のご連絡をさせていただきましたが

漏水配管を改め不都合箇所が改善されましたので

以前の通りご入浴をいただけるようになりました。

 

ご入浴は、これまで通り ご希望のお客様のお食事プランに付加する形で

ご利用いただけます。 入浴のみのご利用はできませんのでご了承ください。

 

ご入浴は、準備の都合がございますのでご予約時にその旨お伝えくださいませ。

 

カテゴリー: お知らせ, 野むら山荘ニュース, 関守石のひとりごと

鶏肉の刺身の提供について

2012年02月01日

「ただいま当山荘では、鶏の刺身はご提供していません。」

鶏のお造りって美味しいですよね!

それは重々、分かっています。

私も今まで散々食べてきましたから・・・

素材が良ければ、煮たり焼いたりせず

生の状態で切りそろえて、最低限の薬味を用いて

食するのが一番うまい!

でも、お店なんで、それができないんです。

友達同士などの飲食の会でしたら、リスク承知で食べますけどね! 自己責任で。

お客様に鶏肉の刺身をお出しできない理由は以下の通りです。

1.場合によっては食中毒症状を起こす可能性が否定できない。

  (場合とは、提供側が万全の衛生態勢であっても、お客様の体調や免疫力により

   一定でない場合が予想される)

2.鶏肉の生食は公的な衛生基準が確立されていない。

3.現在のところ、上記の問題点をクリアする方法は十分な加熱処理しかない。

やはり皆さまの食の安全をお預かりする私どもの立場としまして

厚生労働省による鶏肉類・生食用食肉に対する

衛生基準が明確化されるまでの間は、

該当商品の提供の中止が最善の方法といわざるを得ません。

但し、鶏肉類におきましては、そもそも生食用食肉の衛生基準適用外であるため、

今後新設されるかどうかは不明です。

よって、現状況下では、鶏肉の生食を提供している店舗は

食中毒のリスクを承知して提供している事に責任を持ち、

それを認識して食べるお客様は、これもリスク承知の自己責任で食べるという

覚悟のもとご注文いただきたいと思います。

 

野むら山荘 主人

 

カテゴリー: お知らせ, 野むら山荘ニュース
京都大原 野むら山荘 〒601-1247
京都府京都市左京区大原野村町236
Copyright© 2011 NOMURA-SANSOU. All Rights Reserved.