最新情報

紅葉ジャズライブ(ご案内)SOLD OUT

2019年09月11日

SOLD OUT

錦秋の大原 野むら山荘でジャズライブを開催することになりました!

もちろん秋の味覚ランチコースもお愉しみいただける癒しのランチタイムです♬

11月24日(日)

11:30〜12:50 ランチタイム
13:00〜ショータイム♬

6,000円(ランチ、演奏、税込)

全席テーブル椅子席

要予約(定員になり次第〆切)

京都市左京区大原野村町236
野むら山荘 075-744-3456

無料駐車場有り、京都バス大原行き「野村別れ」下車徒歩15分

 

参加ご希望の方は、075-744-3456(野むら山荘)までご連絡ください。

出演者の紹介です。

蓑輪裕之 (b)
大阪府高槻市生まれ。
3歳の頃よりクラシックピアノを習い始める。10歳を過ぎるころより、ビートルズやプレスリーをカヴァーする実力を持つ。
大阪府立春日丘高等学校卒業。高校在学中より、ライブハウスで、ジャズベーシストとして、プロとしての活動を始める。高校卒業後、横須賀U.S.Baseのクラブミュージシャンとして、ステージに立つ。その後1972年に名古屋芸術大学へ入学、本格的にコントラバスを専攻する。大学卒業後、旧西ドイツ国立シュトゥットガルト音楽大学マスターコースにて、Prof.フィリッツ・ラオ氏に師事。1978年より旧西ドイツ国立ロベルトシューマン音楽大学マスターコースにて、Prof.ルードウィッヒ・エシュマン氏にドイツモダンコントラバス奏法を師事、習得。在学中より国立シュトゥットガルトオペラハウス、国立デュッセルドルフオペラハウス等の出演他ヨーロッパ各地でのコンサート活動を行う。
1980年に帰国。高槻市にジュピター音楽院を設立し、1997年より大阪インターナショナルスク-ルにて在日アメリカ人及び帰国子女を対象にジャズバンドの指導に当たる。1991年から1997年まで、タンゴ楽団『アストロリコ』のコントラバスを担当。
1999年より実現した『高槻ジャズストリート』の総合企画、運営に携わり代表を務める。
また、自己のグループを率いて、毎年ヨーロッパ、北アメリカ、南アメリカ、ニュージーランド等での積極的なコンサート活勤を行う。その幅広い音楽性と、誰からも親しみやすいアプロ一チで、常に聴衆を楽しませようとするその姿勢は各方面で高い評価を得ている。

高岡正人 (p)
関西学院大学在学中より、ジャズクラブ・ライヴハウス・キャバレー等で演奏活動を始める。卒業後も関西のライヴハウス・クラブ等でジャズ・シャンソン等、様々なジャンルでの演奏活動をし、北村英治(Cl)のツアー、ピート・ピーダスン(Harm)の日本ツアー等、全国各地でのツアーにも参加する。海外の数々のアーティスト達とも共演し、2000年にはBlueNoteOsakaにてレイ・ブラウン(B)トリオにピアニストとして参加。ジャズピアニスト・シャンソンピアニスト・キーボードプレイヤー・コンポーザー・音楽講師として、現在京阪神各地のライヴスポットでの演奏活動、後進の指導にもあたっている。2009年 産經新聞主催 なにわジャズ大賞受賞 同時、大阪知事賞・大阪市長賞受賞NPO法人 関西ジャズ協会常任理事

蓑島幸美 (vo)
同志社大学在学中よりロックバンドやポップスバンドでシンガーとして活躍。2013年より高槻ジャズストリートに毎年出演。京阪神のライブハウスでレギュラーゲストをつとめ、またコンサート・イベントゲストとして活躍している。ジャズからポップス・ロックなど親しみやすく幅広いレパートリーを持つ。パワーのあるボーカルはその豊かな表現力とともに定評がある。

カテゴリー: お知らせ, 次回のイベント, 関守石のひとりごと

第26回 野むら山荘寄席を開催しました

2019年08月25日

第26回 野むら山荘寄席を開催しました。

出演は、林家笑丸さん、林家染吉さんのお二方。
一席目の染吉さんは時うどん。おなじみの噺ですが、よく稽古されてるとみえて非常に上手かったです(^^♪

二席目は笑丸さん。枕は「ひとり替え歌ひとり突っ込み入り」で大爆笑! 演目は居候講釈でしたが、間にいろんなネタが入って、笑丸さんらしい組み立てでした。最後に紙切り。お客さんにリクエストを聞きながら、それは完全無視のネズミのうしろ紙切り(笑)


しっかり笑わせてもらいました(^^♪

料理は夏景色。
蕎麦はすだち蕎麦にしましたところ、サッパリとおいしかったと上々の反応。出汁まで飲んでいただける夏蕎麦です。

次回は10月6日(日)
出演は、月亭遊方さん、月亭希遊さん。

11月10日(日)はタンゴアンサンブルを開催します。
アルゼンチンタンゴに魅了されてくださいませ~♬

いずれもご予約は、075-744-3456
野むら山荘まで

皆様のご来店をお待ちしています(^^♪

カテゴリー: お知らせ, 過去のイベント, 野むら山荘ニュース, 関守石のひとりごと

暑さ対策

2019年08月08日

暑い日が毎日続きます(汗)

 

エアコンのない厨房では、空調服が夏のユニフォームに(^^)

建築現場ではおなじみの空調服。

庭作業や厨房でも大活躍です!

これ、作った人凄いですね!

 

もちろん御客様には空調の効いたお部屋で

冷たいお蕎麦を手繰って涼んで頂きますよ~

 

カテゴリー: 関守石のひとりごと

朝活!

2019年07月10日

朝活終了

狙いどおり6時前からの剪定は、暑くもなく仕事がはかどる。

大平戸の剪定はいつも四苦八苦する。
スズメバチに追い回されたり、ヘビと遭遇したりと誰にも言えないひとり仕事ならではの悶々としたものがあるのだ。

庭が広いので、あまり全体を見ないようにしながら剪定作業をしている。
気持ちが萎えるからだ。
一つずつ片付けて、気が付いたら残すは此処だけだ。と、云うのが理想型。

若かりし頃は2日で終えたこの作業も、今では5日掛かる。
千代の富士のセリフもチラチラ浮かんできた。
でも、もうちょっと頑張ってみよう。

 

カテゴリー: 関守石のひとりごと

山里の夏のハ~モ二~♬

2019年07月09日

梅雨時期から出回り始める鱧。

これから夏を彩る京の食材として欠かせないブツです(^^ゞ

野むら山荘でも、山里の夏鍋と称して

鱧と軟骨入りつくね、ささがき牛蒡などの野菜と共に

お愉しみいただいています。

 

夏といえば、鮎も外せません。

自作の器で「鮎の舟下り」と洒落こみましょう~(^^ゞ

 

カテゴリー: 関守石のひとりごと

梅雨の晴れ間にぼちぼちと。

2019年07月08日

梅雨の晴れ間にぼちぼちと。

私がせねば誰がやる!?

と、いうことで、今年も庭木の剪定をやってます(汗

毎年の行事ですが、庭木の剪定を植木屋さんにすべてやってもらうとなると

とんでもない費用が掛かるため、20年前から始めました。

若いうちは、体力に任せて勢いでしのいできたこの作業も

歳を重ねるとともに体力と根気が薄れ、なかなか進みません。

しかし、私がせねば誰がやる!?

と、自分に言い聞かせ(汗)

なんとかかんとか・・・ハ~~~

 

 

カテゴリー: 関守石のひとりごと

雨ばかり

2019年07月01日

鬱陶しい梅雨空が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。

こちら大原でも毎日

庭の木々は喜んでいる様子ですが・・・

 

今日から7月、献立には鮎が登場しています。

まだ若鮎の小振りサイズですが、炭火で焼いていますので

骨も気にならず、頭から召し上がっていただけます。

鱧や夏野菜なども旬を迎えますので、献立も

にぎやかになりそうです。

 

 

カテゴリー: 関守石のひとりごと

第25回 野むら山荘寄席を開催しました

2019年06月17日

第25回 野むら山荘寄席を開催しました。

水無月は陰暦6月に田に水を引くことから、水張月とも呼ばれたそうです。
天気予報では曇りとのことでしたが、激しい通り雨が2度ほどあり、いよいよ梅雨入りかな、という天気でした。

 

さて、前菜は季節の彩を添えて、鱧も出回る頃なので、今回の小鍋は鱧鍋。新玉葱や牛蒡との相性もよいですね。

定番の十割蕎麦とアイスもなか。

 

食事の後は、お愉しみの二席。

笑福亭智丸さんは「西行鼓ヶ滝」
講談にもかかるネタで、文学青年らしいチョイス!勉強になります。

 

続いては、笑福亭鶴二さん。
ネタは、桂三枝作「作文」
いつもながら、まくら噺から愉しい時間。
当落語会の4番バッターとしての役割をしっかり果たしてくれるところは、さすがです! 

 

また本日は、2名のドタキャンがあり、お席と食事が無駄になってしまいました。お席を確保し、食事もご用意していますので、ドタキャンはご勘弁ください。

次回は8月25日(日)
出演は林家笑丸さん、林家染吉さんです。
まだ十分にお席がありますので、ご都合が合いましたらお越しくださいませ(^^♪

ご予約・お問合せは、075-744-3456

 

カテゴリー: お知らせ, 過去のイベント, 関守石のひとりごと

テラスナイター♬

2019年06月10日

テラスナイター♬

ランチタイムのテラス席も最高ですが

ディナータイムテラスも雰囲気最高ですよ!

 

もう少し季節が進めば、夕暮れ時からヒグラシが鳴きはじめ

帳が下りると、カエルが鳴きはじめたり、自然に包み込まれた

テラス席の魅力がいっぱいです(笑)

※虫さんの飛来もありますが、そこは自然たっぷりということで

ご勘弁を(^^ゞ

カテゴリー: 関守石のひとりごと

水無月♬

2019年06月05日

6月に入り、暖簾替えしました。

 

テラス席も、佳い季節を迎えています。

 

お料理の一部:軍鶏の造里

この日の白肝は脂のりが最高でした。

軍鶏造りはBコースに入ります。

但し、仕入れの都合上、献立に入らない場合もあります。

 

カテゴリー: 関守石のひとりごと
京都大原 野むら山荘 〒601-1247
京都府京都市左京区大原野村町236
ご予約制:木曜定休
Copyright© 2019 NOMURA-SANSOU. All Rights Reserved.